本文へ移動

日常生活自立支援事業

制度の概要

 日常生活自立支援事業は、認知症高齢者や知的・精神障がい者が、日常生活を営む上で必要な福祉サービスを自分の判断で適切に利用することが難しい方を対象に、「福祉サービスの利用援助」を基本サービスとして、「日常的な金銭管理」や「書類の預かり」を行います。
どんな人が
利用できる?
福祉サービスの利用や、お金の管理などに不安を感じている方で本人が理解して契約できる方
(高齢者・知的障がいや精神障がいのある方など)
どんな
お手伝いがある?
●福祉サービスを上手に利用するための情報提供や手続きのお手伝い。
●公共料金の支払いや金融機関での出金など、日常的なお金の管理のお手伝い。
●通帳や書類など、大切な書類の保管
(書類の保管だけのサービスはいたしません)
利用料は
かかるの?    
●契約後のお手伝い(援助)については、有料(1回 1,000円)ですが、生活保護を受けている方は無料です。
●書類の預かりについては別料金となります。


日常生活自立支援事業に関するお問い合わせは
(受付時間 月~金 8:30~17:30)
Tel055-978-9288

 
函南社協へのアクセス
TOPへ戻る